プロフィール

 
八木隆幸 Takayuki Yagi  /   pianist


[日本語]
 
京都生まれ。同志社大学卒.
ジミースミスのオルガンを聴きジャズに興味を持ち、ジャズオルガニストの酒井潮に師事、正式にジャズを始める。
後にピアノに転向、トリオ等を組み地元のジャズクラブ等に出演し、演奏活動を始める。
その後NYにて、Walter Bishop jr.,Ronnie Mathews,Barry Harris,Norman Simmons,Frank Hewitt等に師事、また様々なミュージシャンと多くのセッションを経験し自身の音楽を深める。
日米交換プログラム、アーティスト・イン・レジデンスに参加、作曲家Frederick Tillisに師事。
橋本裕(G)、原満章(B)と最初のトリオを結成。
東京に居を移した後は、大隅寿男(D)トリオ、宮之上貴昭(G)スーパーカルテット、猪俣猛(D)ジャズテット、右近茂(Ts)カルテット、諸田富男(D)六重奏団、渡辺匡彦(Vib)カルテット、等に参加。
金子健(B)、高橋徹(D)と自己のトリオを結成。
NHKセッション505に酒井潮(org)、村上寛(d)と共に出演。
同セッション2010に渡辺匡彦(Vib)カルテット、
セッション2011、セッション2016に自己のトリオで出演。
第24回浅草ジャズコンテスト、ソロ部門でグランプリ受賞。
2015年、ディスク ユニオン のジャズ専門店、Jazz Tokyo の新レーベル
JazzTOKYO RECORDS の第一号アーティストとしてCDを発表。
その後2018年 JazzTOKYO RECORDS の第二作目『New Departure』
を発表。
JazzTOKYO RECORDS 3枚目はキング関口台スタジオでのダイレクトカッティング録音。これまでリーダー作は13枚。
ライブ演奏にこだわって精力的に都内や各地でツアーや演奏活動をしている。
2022年開催の イタリアの 7 Virtual Jazz Club Contest 7th Edition ファイナリスト。
2023年 T-toc Records より初のソロアルバム(全曲オリジナル)を発表。

自己のCDは、
橋本裕(Gt)、原満章(b)とのトリオで
『That's The Style!』
酒井潮(org)、とのDUOライブで 
『conversation Ⅱ』
水橋孝(b)、高橋徹(d)とのトリオで
『I Love Lucy』
金子健(b)、大隅寿男(d)とのトリオで
『Tin Tin Deo』
Bruce Hamada(b)、Bill Evansトリオ最後のドラマーJoe Labarberaとのトリオで
『Tiffany』
金子健(b)、高橋徹(d)とのトリオで
『Illumination』
金子健(b)とのDUOバラード集 
『-Logue』
金子健(b)、高橋徹(d)との2作目
『400 years ago tomorrow』
Ben Williams(B) Rodeny Green(D) とのトリオでのNY録音
『Skyscraper』
Jay Anderson(B) Billy Drummond(D) Scott Wendholt(Tp) Ralph Bowen(Ts)
のクインテットでのNY録音
『New Departure』
東京神保町アディロンダックカフェでのライヴ録音
『Matrix』
diskunion Jazz TOKYO 10周年企画ダイレクトカッティングレコーディングLP,CD
『CongoBlue』
T-toc Records  ソロピアノ作『Solo Flight』
 
また、参加CDは
右近茂(ts)カルテットフューチャリング田辺充邦(g)で
『STRANGER IN PARADISE』
澁谷健司(D)、加藤真一(B)とのトリオで 
『Beautifl Love』
渡辺匡彦(vib) バンドで
『East of the Sun』
三輪明子(Vo)
『S'wonderful』
諸田富男(D)六重奏団
『Tommy The Egg Man 』
等がある。

Blues とBebopに根差した伝統的サウンドと現代的なサウンドとの融合、
スピード感溢れる演奏と叙情性とを合わせた自分なりのスタイルを追求している。
 
 
[English]
 
Takayuki Yagi / pianist
 
Born in Kyoto Japan.
He listened to Jimmy Smith's organ and became interested in jazz. At the age of 18, he started playing the jazz organ.
He later became a pianist, forming a trio and starting playing at a local jazz club. After that, he studied under Walter Bishop jr., Ronnie Mathews, Barry Harris, Norman Simmons, Frank Hewitt, and others in NY, and experienced many sessions with various musicians to deepen his music.
He participated in Artist in Residence and studied under composer Frederick Tillis.
He won the Grand Prize in the solo category at the 24th Asakusa Jazz Contest in Japan.
He appeared on the Japanese national radio program NHK Session, Yokohama Jazz Promenade and other venues .
He has also performed in South Korea, Hong Kong and China.
He performed with Ben Williams (B) Rodeny Green (D) Jay Anderson (B) Billy Drummond (D) Scott Wendholt (Tp) Ralph Bowen (Ts) on his own recordings.
He is a finalist of the 7 virtual jazz club contest 7th edition in Italy in 2022 and 10th edition in 2024.
Currently, he is playing in his own trio, mainly in Tokyo.
While Blues and Bebop are rooted in contemporary sound, which is dynamic and lyric, and he is pursing his own style.
 

クリックで拡大表示されます。